うちのおばあちゃん。食器用洗剤は気持ち悪い!?

暮らし
スポンサーリンク

私の祖母、81歳。先日我が家に遊びにやってきました。
主な移動手段は自転車。畑仕事もバリバリこなす、元気なおばあちゃんです。
おじいちゃんおばあちゃんあるあるでしょうか、うちのおばあちゃんも例にもれず自由人(笑)
我が家に泊まりに来ても、自分の食べたいものを自分で作って食べます(笑)
そんなおばあちゃんとのやりとりで心に残ったことがありました。

スポンサーリンク

食器用洗剤は気持ち悪い!?

食事後のこと。おばあちゃんは自分の食器を洗うのですが、スポンジになにもつけずそのまま洗います。
「おばあちゃん、汚れ落ちないだろうし洗剤使ってー」と私が言うと
「そんな泡だらけの中で洗った食器使うなんて気持ち悪い」!!!

昔は食べ終わる時に茶碗にお茶を入れて飲んで、お膳にふせておしまい。おかずのお皿もせいぜい水にくぐらすくらいだったよう。そんなおばあちゃんから見ると、得体のしれない泡に包まれているほうが奇妙で怖く見えるようです。
パンとピザとクリームソーダが大好きなおばあちゃんはもちろん油ものも食べますし、油汚れが付くようなお皿を使ったあとは洗剤を使っていますが、内心はそんな風に思ってたんだなぁとびっくりしました。
私は食器洗い=洗剤を疑いなく育ってきたけれど、確かにおばあちゃんのいう事も一理あるな、と思いました。

食器用洗剤なしで生活できるのか!?

実際洗剤なしでもいけるのか実験してみました。が、家の食生活では食器用洗剤なしは難しいことが発覚!!
ちなみに我が家、アレルギー持ちの家族がいる為、すこーしだけ油料理を避けています。(疲れているときに油ものを沢山摂ると、アレルギーの症状が強く出ることがあるので・・・。)
お味噌汁とごはんの茶碗は水のみですっきり洗えますが、油ものを避けているつもりのおかずのお皿はほぼ油汚れがあって洗剤なしではすっきり洗えません。

ということは、我が家の食事はやっぱり油ものが多いのかも!?調味料にケチャップや焼き肉のたれなんかを使うとぬるぬるが残ります。しっかりとした粗食を中心にしていれば、確かにそれほど洗剤の必要性はないのかもしれないなと思いました。

食器用洗剤から考える食生活

さすがに食器用洗剤なし生活はできませんでしたが、料理をする際、そのお皿を洗う時に食器用洗剤が必要かどうか考えてみると、食生活の見直しにもなりますね♪
私はなるべく添加物の少ない(多様なものがある現代に生きているのでストイックにはするつもりはありませんが)、カロリー過多になりすぎない食事を家族には食べてほしいなと思っているので、今後は意識してみたいと思います!

暮らし
スポンサーリンク
utanoをフォローする
My Home
タイトルとURLをコピーしました