【体験談】妊娠超初期症状(生理予定日前)第二子男の子編

妊娠・出産
スポンサーリンク

こんにちは!前回は我が家の第一子・娘のときの妊娠超初期症状のお話だったので、今回は下の息子のときのお話です。

私は自分が2学年差兄弟だったこともあり、子どもは2学年差がいいなぁとぼんやり考えていましたが、専業主婦だったのでむしろ年子でもいいかも!と娘が1歳になる少し前から妊活開始。
娘は望んですぐに授かったので楽観視していたらなかなか授からない!
相変わらず基礎体温も不安定だし生理不順でタイミングも取りづらい為、悩んだ末、排卵検査薬 を使っていました。
なのでタイミングがしっかり分かっている分、妊活超初期症状かな?という症状には敏感でした。
以下は娘が2歳の頃に妊娠したときの妊娠超初期症状です。

スポンサーリンク

眠い

まだ上の子が夜中も起きていたことも多少はあると思いますが、それにしても眠かった!
それまで娘が昼寝しているときは起きていたのに、気づけば一緒に寝てしまっていたこともしばしば。
寝ても寝てもぼーっとして眠い状態でした。

下腹部痛

上の子の時にもありましたが、今回も下腹部痛がありました。
生理前にありがちな鈍い痛みが少しある程度でしたが、ときどきチクチク痛くて、排卵は終わっているはずなのにチクチク痛いなんてなぜだろう?と思っていたのを覚えています。(排卵日あたりにチクチク痛いことはそれまでもありました。)
後から調べてあれが着床痛といわれるものだったんだ!!と思いました。
(着床痛・・・受精から10日前後で着床する時期の下腹部痛のこと。科学的根拠はないらしい。)

頭痛・肩こり

この時期よく頭痛がしていました。上の娘を抱っこしていたので肩こりの影響かなと思っていましたが、調べてみると妊娠超初期に頭痛が起こる人の体験談がたくさん出てきて、私もそうかも!となるべく薬は飲まないようにしていました。
どうしてもつらいときは、娘の授乳中に頭痛にも聞くと病院で出されて飲んでいた当帰芍薬散を飲んでいましたが、あまり効果は感じられず、ひらすら耐えていました・・・。

胸の張りは全くなし!

上の子の時に一番分かりやすかった胸の張り。
なので私は妊娠したら胸が張るんだと思い込んでいたのですが、今回はまーったく張らず、やっぱりダメだったか・・・と諦めていました。
が、妊娠していた!!!

ちなみに上の子のときにあった「お酒が進まない」「疲れやすい」「不正出血・茶色いおりもの」ですが、
お酒はそもそもほんのたまに飲む程度になっていたのでわからず、疲れやすさも必死に育児をしていて常に疲労感があったのでさして感じず・・・でした。
不正出血や茶色いおりものもなかったです。

下の子を妊娠したときには超絶に体調不良だったので、その影響もなくはないと思いますが、同じ体でも妊娠による変化は1回1回違うことを身をもって体験しました。

本当に妊娠というか、女性の体って不思議ですよね~

以上、私の妊娠超初期症状の体験談でした!

 

関連記事→【体験談】妊娠超初期症状(生理予定日前)第一子女の子編

関連記事→【産後の体調不良】軟便・下痢が治らない・・・過敏性腸症候群がついに完治!体験談編

 

 

タイトルとURLをコピーしました