【入園グッズ】小さな子供におすすめな水筒はスケーターの超軽量ステンレスボトル!

育児
スポンサーリンク

入園グッズが気になる時期ですね。

娘の水筒は3年間しっくりこないままだったのですが、息子用に買った水筒は「初めての水筒にとってもいい!!」と思ったのでご紹介します♪

スポンサーリンク

スケーターの超軽量ステンレスボトル

今回息子用に買った水筒はこれ

息子は電車好きなのでプラレールの柄にしました。

保冷なのに軽い!

幼稚園や保育園に通う子供たちにとって、カバンを背負うのも重そうでちゃんと持てるのかなと心配になりますよね。
荷物の中でも重いものの1つが水筒だと思います。
娘のときは軽いプラスチック水筒を使い、夏は衛生面も気になったので保冷の水筒にしたのですが重い!!
保冷だし仕方ないかなと思いながら、真夏だけは保冷の水筒、その他はプラスティックの水筒で3年間すごしました。
そんな私が今回息子用に買ったこの水筒はそれに比べて格段に軽い!!
これなら1年中これ1本でOKだなと思います。

スリムでカバンの中で邪魔にならない

娘の保冷水筒(実はしっくりこなかった為2本も買いました・・・それでもしっくりこずほぼ使わず)でもう一つ困ったのは、水筒がカバンの中で場所をとること!
娘にはこれ↓を買ったのですが、筒の直径が大きめなんです。

家で測ってみたら今回息子用水筒は直径7cm、娘用水筒600mlは10.1cmでした。
比較の容量が違ってはいけないので息子用の同シリーズの600mlも調べてみると直径7.6cmでした。

安全面からなるべく首にかけさせたくなかったのですが、幼稚園用の小さなカバンの中に入れると、さらに大きく感じます。
なのでスリムなのは高ポイントです♪

直飲みにロックがしっかりかかる

直飲みにロックがかけられるものは多いのですが、それまでいくつかの水筒はロックが弱くてカバンがびしょ濡れ・・・ということが何度かありました(^^;)
けれど、この水筒にしてからロックが外れてしまってもれたことは全くありません♪

しっかりロックがかかる点もうれしいポイント!

デメリット

おおむね満足な水筒ですが、強いてデメリットをあげるなら、直飲みを閉めるのが若干かたい!
初めて息子(3歳)が使ったときは、閉めるときに少々手こずっていました。
1週間もしないうちに一人で扱えるようになりましたが、子どもにとっては少し力がいるなと感じました。
園で使う前に家で慣れさせておくほうがよさそうです。
我が家では以前の記事の通り入園前に買って試しに使っていました♪

その他、好みの問題ですが私はあまりキャラものが好きではないので、シンプルな柄があればなぁと思いました。
が、使うのは本人なので、子どもが気に入る柄が一番!
キャラがたくさんあって選べるのは子どもにはうれしいポイントだと思います。

以上、おすすめ水筒でした!
園によって、「コップ飲みできるもの」や「ストローのもの」など指定があるところも多いと思いますので確認してから購入するといいと思います♪

【追記】ちなみに耐久性もあり。
園で落としたりするので塗装ははげたりしていましたが、2年半使っても全く問題なし!
けれど息子の園は頻繁に水筒を持って外遊びをするため、あまりに見た目がひどくなってました・・・
力もついてきたので、年長の夏、タイガーの小さ目な水筒に買い換えました。

タイガーの水筒はカバーなしで約340グラム
スケーターの超軽量ステンレスボトルは約255グラム

数字にすると微妙な差ですが、体感は差を感じます。
結果、買い換えましたが、初めの水筒としてはやっぱり軽いスケーターの方が合っていたと思います♪

ただ保冷機能など、重さとコンパクトさ以外はタイガーとサーモスが優れていると感じるので、小学生以降はタイガーかサーモスの水筒を部品交換しながら愛用してます(*^-^*)

育児
スポンサーリンク
utanoをフォローする
My Home
タイトルとURLをコピーしました