約数・倍数でつまづかない!PrimeSmashと約数特訓練習帳でセンスを磨く

自宅学習
スポンサーリンク

学校の勉強は2年生まではほぼ差が見えず、3年生から徐々に差が見え始め、高学年で決定的な差がつきます。
距離や図形などつまづく分野はたくさんありますが、その後中学の勉強にも大きな影響がでてくるのは約数・倍数あたりじゃないかと思っています。
分数の計算や比率の計算など、いろんなところでつかうんですよね。

数の感覚のいい子ならそこまで苦労しませんが、センスのない子はうやむやにして学年が上がっていくとどんどんつらくなっていきます。
事実、私がそうでした(笑)
そして娘も数学のセンスはおそらく私譲り(;^ω^)
そこで本格的に約数の分野が始まる前の4年生で素数の感覚だけ養えるようにしようと思っています。
いろいろ調べてみた結果、我が家が取り入れたのはこちら。

スポンサーリンク

サイパーの約数特訓練習帳

サイパーの問題集は超シンプルで分野別にあり、どっかい算点描写 など愛用しています。

そのシリーズにも約数・公約数はあります。

がその以前におすすめなのがこちら、約数特訓練習帳!

冊子にさえなっていないA4の紙の束です。
これ、ちゃんとお金を出して買っているんですよ(笑)
この潔さがかえってツボなんですが(#^.^#)

中は100マス計算のように、ただただ約数をずらっと書いて瞬時に数字が思い浮かぶようにするというもの。
シンプルですが、やっていくと感覚が身に付いてきます。

けれどこれは残念ながら楽天やアマゾンでは売っていないので、学参書店の公式HPから購入しました。
公式HP http://mizushima.cart.fc2.com/ca2/120/

ただ、こういうコツコツ系が好きでない子にはつまらない。。。
100マス計算も嫌いで、100マス計算ではなかなか計算力のつかない娘にはこれだけではキビシイ。
どうしようかなと悩んだのですが、見つけたアプリと併用することで効率アップ!

Panasonicの「Prime Smash」

そのアプリとはPanasonicの「Prime Smash」!

とってもシンプルなゲームで、画面に数字がでてくるので、その数が素数ならタップしてポイントをゲット!
素数ではないならスパッと切ると2つの数に分かれるので、素数になれば同じようにタップしてゲット、素数でなければさらに切る!という単純なゲームです。

7は素数なのでタップしてゲット!

単純ではありますが、爽快感があって楽しい♪
モードがあるのでいきなり難しすぎて無理!とならないのもうれしいところです。

先ほどの約数特訓練習帳をすると、このPrime Smashで高得点がとれるのです(*´▽`*)
いわば約数特訓練習帳はゲームの攻略本(笑)
楽しみにつながることは張り切って取り組んでいます♪

そして子どもの勉強とは関係なく、大人がやっても楽しい!
私は普段ゲームは全くしないのですが、Prime Smashは隙間時間にやってしまうほど。
新一年生の息子もわけが分からないまま遊んでいましたが、一桁の素数はあっという間に覚えてしまいました。
(きっとすぐ忘れるでしょうけど 苦笑)

以上、約数・約数の下地になる素数のセンスを磨く方法をご紹介しました♪

自宅学習 3年生 4年生
スポンサーリンク
utanoをフォローする
My Home
タイトルとURLをコピーしました