【画像あり】100均一の材料で生クリームをピンク・黄色・紫に着色!作り方レビュー

育児
スポンサーリンク

娘の誕生日にドレスケーキを作ることに♪
そこで生クリームに着色したかったのですが、着色料を買っても使いきれる自信はない・・・。できればなるべく着色料も少ないほいがいい(本当はナチュラルな素材にしたい!)
ということで、100均一の材料を使って着色に挑戦しました!!

スポンサーリンク

【ピンク】

赤はは着色料自体が売っている100均一もあったのですが、今回はその他の材料でということでチョイスしたのはイチゴパウダーイチゴパウダーまであるなんて最近の100均一はすごいですね~

 

ちょっとわかりにくい写真ですが出来上がりはこちら↓

 

ちなみにイチゴジャムでも着色できますがイチゴパウダーより薄い色になりました。(ジャムを使うと、ジャムに含まれるペクチンのおかげですぐにホイップできるため時短になります♪)
薄いピンクを作るなら、ジャムは100均一のものだとイチゴがあまり入っていないのでツブツブが少なく、生クリームの着色にはぴったり。

【黄色】

黄色を作るのにいろいろ材料を見てみたのですが、おいしく食べることも考えるとこれが一番でした。(これ使うなら着色料でいいじゃんと思う自分もいましたが 苦笑)
使ったのは、アイシングパウダー(イエロー)。製菓用だけあってパイナップルのいい香りまでします。ピンクはアイシングパウダーではあまり色づかなったのですが、黄色はわりとしっかり発色しました♪

黄色の出来上がり↓

【紫】

紫は紫芋のパウダーを使う予定だったのですがなぜか三店舗回っても見つけられず・・・。
そこで使ったのはブルーベリージャム。イチゴジャムよりも濃く色がでるので、やさしい紫ができました。

単色ではわかりにくいのでピンクと黄色と一緒に並べてみました↓

 

ちなみにマキベリーというパウダーも見つけたので実験。マキベリーはすっごく濃い紫ができましたが、酸味が強く砂糖を入れても私的にはあまりおいしいと思えず使いませんでした・・・。“アサイーを超えるスーパーフード!”とポップが張ってあったので、体にはよさそうですが・・・。

他の色と並べたもの↓

 

確実で早いのは着色料なんですけどね。近くのスーパーでも赤と黄は割とあるし緑もあるところもありました。
今回は子供用に作ったのでなるべくナチュラルを目指しましたが、青とか必要なら着色料使ったかな(;^ω^)
・・・と思っていましたが、ネットには天然の着色料も売ってるんですね!びっくり!

単色でも売られていますが、送料も考えると青などがいるならセットで買って、黄色やピンクなどは100均一の方法で十分かなぁと思います。

以上、生クリームの着色のおはなしでした♪

【後日談】

これらを使って作ったのはラプンツェル♡

弟もしぼりたいというので所々がたがたですが、そこはご愛敬(*´∀`*)

 

黄色でピカチュウのケーキも作りました♪

簡単!蒸気機関車はこちら↓
【画像あり】超簡単!!ロールケーキで蒸気機関車ケーキの作り方♪

タイトルとURLをコピーしました