全国統一オンライン講座がリニューアル!東進オンライン学校が始まります!

自宅学習
スポンサーリンク

コロナ休校中に始まった全国統一オンライン講座。
我が家も小1の息子と小4の娘が利用させていただいています!

その全国統一オンライン講座が新しく生まれ変わるそうです!

スポンサーリンク

東進オンライン学校が始まります

学校レベルの授業としては本当に素晴らしい授業で、これが1年間無料ってすごいなぁと思っていました。
が、受付は5月31日で終了。
確認テストだけを受けてどんどん追いつくことも可能なので、1年中入れると助かる人は多いだろうなぁと思っていたのですが、まさかのお知らせが!!!
全国統一オンライン講座が東進オンライン学校にリニューアルされるそうです!!!


画像は公式HPより https://www.toshin.com/online/

 

申し込み

第一期の募集は2020年6月15日から8月31日まで。

第一期と書いてあるところをみると、第二期、第三期と募集されそうなので、第一期の募集期間が過ぎても始められそうですね!

ちなみに全国統一オンライン講座に申し込んでいる人は、そのまま東進オンライン学校を利用できるようです。


画像は公式HPより

全国統一オンライン講座は今年度いっぱいということでしたが、東進オンライン学校は義務教育の間つまり小学校6年間、中学校3年間が無料だそうです。
すごすぎる~~~

何が変わる?

新しくなることは3つ。

①未来発見講座
②新しい2つのテスト
③飛び級制度
です。

①はスタサプでも開講されているようなものだと思います。
ノーベル賞候補の研究者やビジネス界のトップリーダー、世界的なアスリートやアーティストなどが特別講義を視聴できるようになります。
世界で活躍する人の話は子供たちが未来のことを考えたり刺激を受けることがねらいなよう。
直接勉強とは関係がありませんが、多方面の話を聞く機会があることはもしかしたら授業以上に価値があるかもしれないなと思います。

②は月例テストとスキップテストの導入です。
全国統一オンライン講座でも1回分の講座が終わるごとに確認テストがあり、確認テストに合格しないと先に進めません。
そこに月例テストが加わるようです。
月例テストは第一回の講座からテストを受ける時点の最新の講座までが出題範囲。
1回1回だけではなく、それまでに習った範囲が身についているか確認することができるのは画期的ですね!

スキップテストは学校や家庭学習で履修済みの単元を飛ばして先に進むためのテストです。
スキップテストを受けることで、すでに習得している単元はスキップテストで飛ばしてわからないところから始められます。
(全国統一オンライン講座でも講座を視聴せず確認テストだけ受けていくことができましたが)

③は飛び級制度の導入です。
全国統一オンライン講座は自分の学年の講座しか受けられませんでした。
が、どんどん先に進んで勉強している人には教科書レベルなこともあって簡単すぎたんですよね。
上の学年の講座を受けたいという声が多かったようで、飛び級制度が導入されたようです。
出題範囲は現学年の全範囲。
今まではその他で勉強している子にとっては簡単すぎて全国統一オンライン講座はメリットが少なかったと思うのですが、この制度ができたことで先取り学習をしている子にも利用価値ができました。
先取りの基礎をわかりやすい授業で勉強することができます。

これからが楽しみ!

全国統一オンライン講座を無料で始めると聞いたとき衝撃的でしたが、今度の発表もかなり驚きました。
休校中支援の範疇から飛び出し、日本の教育界に一石を投じようとする動きに思えます。
実際「学校の先生も授業をご覧いただけます」との記述あり。

「オンライン講座のほうが分かりやすいし学校の授業なんていらないじゃん!」ということではなく、学校は人の中で「学びあう」という意義があります。
一人でも勉強はできますが、相手の考えを聞いたり、いろんな人がいるということを肌で知る「学校」の意義は大きいやはり大きいもの。
ただ授業内容の理解のみに焦点を当てるとオンライン講座はやっぱり秀逸ですよね。
特に勉強が分からないことで学校が嫌になる子(うちの娘はそのタイプ)など、が家庭でオンライン講座を受けることで学校にもいい影響がある子も多いのではないでしょうか。

1企業と公教育がどの程度なら関わっても問題ないのか難しいところではありますが、子供たちのメリットになることは積極的にやっていただきたい!
今後もナガセグループの動きには注目したいと思います。

 


自宅学習
スポンサーリンク
utanoをフォローする
My Home
タイトルとURLをコピーしました