【体験談】妊娠超初期症状(生理予定日前)第一子女の子編

妊娠・出産
スポンサーリンク

妊娠って本当に不思議な体験ですよね。
しかも何人産んでも経過が一緒なんてことのほうが珍しいくらい、1回1回が予想できないドキドキな体験です。
そして他の人はどうだったのかな?って気になりません!?(私は気になって調べまくりました 笑)

私は結婚してすぐ子どもを望んでいたのですが、元々生理不順だし、年に数回は痛みで吐いてしまうほど生理痛もひどいので、なんとなくすぐに妊娠できないんじゃないかな~と思っていました。
なので期待していなかっただけに気づくのが遅かったのですが、後から振り返ればいつもの生理前と違うことがあった!
ということで、今回は私にとって初めての妊娠、娘の時の妊娠超初期症状(生理予定日前)の話をしたいと思います♪

スポンサーリンク

胸の張りがひどくなる

娘を妊娠するまでは、生理前になると胸が張って生理が始まると同時に張りがなくなっていました。
けれど妊娠したときは胸の張りが続き、日が経つにつれいつもより張るようになってきました。
私はこの胸の張りで「もしかして妊娠した!?」とピンときて妊娠検査薬を使いました。
(ちなみに娘を出産後、生理前に胸が張ることはなくなりました)

お酒が進まない

これこそ個人的なことなのですが、独身の頃はお酒、大好きだったんです。(今でも休日は楽しんでいますが♪)
けれど生理予定日1週間ほど前(生理不順なのでたぶんですが・・・)のとき、私たち夫婦と友人で飲むことになったのですが、あまりお酒が進まないのです。
自分でも「あれ~?なんだか今日はお酒のペースが遅いな」と自分でも思ったのですが、結婚してすぐだったので環境の変化で疲れているのかな~と思っていました。

疲れやすい

生理予定日前に母と買い物に出かけたんです。
1日中買い物して歩き回って夕食まで食べて帰るのがいつものパターン。
けれどこの時は昼過ぎには歩き回るのがだるくなってきて、夕方には休憩に座ったら動きたくない気分。
私が結婚で遠方に行ったのでこれからはもうなかなか二人ででかける機会なんてないから、この時くらいは母といいご飯を食べよう♪とフレンチにいく予定だったのですが、どうもそんな気分になれず駅ビルで中華がゆとサムゲタンを食べました(笑)
これも環境の変化で疲れているのかなと思っていたのですが、後から考えれば明らかにいつも以上に疲れやすかった!

不正出血・茶色いおりもの

元々生理不順の影響か不正出血なのか茶色いおりものか判断できないものが時々あったり・・・ということがあったのでその時だけではないのですが、妊娠したときも茶色いおりもののようなものがありました。
いつもはその後生理が始まることが多かったので、「もうすぐ生理だな~」とナプキンをつけ始めました。
が、当たり前ですが1週間ナプキンをつけたまま生活しましたが生理はきませんでした(笑)
きっとこの出血?茶色いおりもの?も妊娠超初期症状だったんじゃないかな~と思っています。
ちなみに下腹部痛はいつもの生理前でもあって、妊娠したときも下腹部がにぶーく痛い状態でした。

以上、娘の時の妊娠超初期症状でした!

書いた通り、生理予定日前でもいつもと違うことはあったので、妊娠してるかも!?と思って過ごしていたら早くから妊娠が分かっていただろうな~
その後、妊娠予定日を1週間ほど過ぎてからは、いわゆる“つわり”も始まりました・・・(+_+)

その後1年ほどベビ待ちの時期があり、息子を妊娠するのですが娘の時と症状は違いました。
その話はまたの機会に・・・。

タイトルとURLをコピーしました